帽章

 昭和23年4月、新学制により愛知県立半田農業高等学校が誕生し、当時の馬島先生を中心として、協議会を開き、半田農学校時代の精神をそのまま生かす目的で、星を中心として外を高の字で囲む帽章が決まりました。
 翌、昭和24年4月、学制の改正によって総合高校として半田高校と統合されたため、帽章も現在の半田高校と同じ、柊の葉二枚を交叉させた中に「高」の字をいれたものに変更されました。
 さらにその翌年、半田高校より独立し、愛知県立半田農業高等学校として再出発するに当たり、ここに三度帽章の改正が行われ、現在の「高」の字を中心に、下から稲穂で囲む型の採用され、現在に至っています。