校長あいさつ
English Version

愛知県立半田農業高等学校のホームページにようこそ!
 本校は、明治32年4月1日に知多郡簡易農学校として創設され、爾来120年の歴史と伝統を紡いできた地域の高等高校で、卒業生の多くは、地元知多半島を中心に、農業はじめ地域産業の担い手として活躍されています。現在は、「農業科学科」「施設園芸科」「食品科学科」「生活科学科」の4学科5クラス(200名/学年)を設置しています。
 これまで同様、「地域に信頼され愛される学校づくり」を推進しながら、生徒の基本的生活習慣の確立と規範意識の高揚を図るとともに、自ら学ぶ意欲や態度を醸成し、各種活動や資格取得に積極的に取り組む姿勢を育てるべく、教職員一丸となって取り組んでまいります。
 現代は、「食と環境」の時代といわれています。農業高校では食料の生産から加工、消費まで学ぶことができ、環境に配慮した循環型農業や環境そのものを学習することができます。また、動物や植物、微生物といった生き物を扱うことから、命の大切さについても身をもって学ぶことができます。
 また、今年度から3年間、県教育委員会の「あいちSTEMハイスクール」として研究指定をうけることができました。Ai(人工知能)やIoT(モノのインターネット)が当たり前となりつつある現代において、時代の流れや技術革新に対応できる人材育成を進めるため、ICTを活用したスマート農業についての学習も推進していきます。
 このような学習をとおして、高校生活3年間で、自分の強さ・弱さを理解し、その上で自分の弱さをどのように補完するのか考えることや自分の強さ(能力)を伸ばすために目標をもって臨むこと、そして友達同士で、お互いの目標を達成するために協力することの大切さを理解して欲しいと思っています。
 校訓「強く・明るく・正しく」のもと、生徒は額に汗して、真剣に実技に取り組むなど、充実した高校生活を送っています。ぜひ本校にお立ち寄り頂き、生徒の様子をご覧ください。

               平成30年1月
               愛知県立半田農業高等学校長 鵜飼 愛一郎